学校給食に関して

学校での給食の大切さ

トップ

学校告白

バランス良い学校給食のメリット 

学校の給食は好きという子もいれば嫌いという子もいます。そしておかわりまでする子もいれば残す子もいるものです。給食というものは管理栄養士が毎日の献立の栄養バランスをしっかりと考え、おいしく食べてもらえるようにと味付けにもこだわっています。どうしても嫌いな食べ物があると残してしまうという子はいますが、毎日きちんと食べることで成長につながります。昼ごはんが学校で一番の楽しみという子も多いものです。最近ではアレルギーの子どもが非常に多いので、食べるものが限られてきてしまうという子もいますが、食べられる範囲でしっかり食べれば栄養面は問題ないです。

学校での給食について 

私たちの健康において、食生活は重要な役割を担っています。不規則な食生活スタイルや偏った食事内容は、健康のために良くないと言えるでしょう。特に、小学校という体を形成する時期である子供時代は、きちんと栄養バランスの取れた食事を規則正しく摂取する必要があります。出される給食は、子供たちの健康の維持において重要な役割を担っているといっても過言ではないでしょう。その費用の問題やパンとご飯の割合、牛乳を配布するかどうかといった様々な議論がなされていますが、学校給食では栄養バランスがきちんと計算されており子供たちの貴重なエネルギー源の一つであることは間違いありません。

給食に関する情報

新着情報